二十年ほいっぷの製法

二十年ほいっぷの製法

二十年ほいっぷの製法

 

二十年ほいっぷはそのキメ細かい泡を作れるようにし、
合わせて保湿できるような洗顔石けんになるために
二十年という大変長い年月の研究の上に開発された
「直火窯練り製法」という方法で作られています。

 

 

この「直火窯練り製法」は
職人の経験と技、そして手間と時間が必要で
多くの工程が手作業で行われているのです。
機械ではできません。

 

 

そのため二十年ほいっぷは
大量生産ができないため
数量限定の通販のみでしか手に入れられないのです。

 

 

そんな機械での大量生産ができず、
職人が作る「直火窯練り製法」とはいったいどういったものか。
もちろん調べてみました。

 

「直火窯練り製法」の工程

 

繊細な材料を丁寧に混ぜ合わせる

 

職人ならではの絶妙なバランスで

  • 皮脂膜のくすみを取る石けん(カリ石けん)成分
  • 角質層のくすみを取る石けん(アミノ酸石けん)成分

を配合します。

 

 

この時、直火にかけて人の手で丁寧に混ぜ合わせます。
混ざり具合も手の感覚で調整します。
機械で出来ないのは混ぜると均一にならずムラができてしまうからです。

 

 

 

泡に弾力を持たせる粘り成分投入

 

粘り成分を少しずつ加えて、さらに混ぜ合わせる。
少しでも分量を間違えるとキメ細かい泡ができなくなります。

 

 

 

潤い成分「ホエイ」を投入

 

肌に潤いを与え乾燥から防ぐために、
ホエイやスキンミルクなどの潤い線分を投入し混ぜる。
粘り成分を加えた後なので職人さんは混ぜるのに力が必要で大変だそうです。

 

 

 

ゆっくり時間をかけて冷ます

 

キメ細かい泡を作るために直火窯練り製法で
一番重要な工程がこの冷ます作業です。

 

 

通常の市販されているような石けんでは
生産効率を考えて一気に冷やしてしまいますが、
直火窯練り製法では数倍の時間をかけて
ゆっくりゆっくり冷ましていきます。

 

 

ゆっくり冷ますことにより
機械の大量生産では実現できない
キメ細かく弾力のある泡ができるんだそうです。

 

 

 

完成!

 

1つ1つ丁寧に検品・パッケージ詰めされます。
ちなみに、泡立てネットも1つ1つ手作りなんだって!
これにはちょっと驚いたΣ(゚ロ、゚;)

 

 

 

>前ページ:毛穴の黒ずみが二十年ほいっぷで取れる理由

 

>>次ページ:二十年ほいっぷが安全な洗顔料か調べてみました!

 

>>>鼻・頬〜毛穴の黒ずみが取れました!体験談サイトTOPへ戻る

 

私が使った毛穴の黒ずみを取る洗顔料はコレ↓

SP用バナー

 

 

この記事を読んだ方はコチラの記事も読んでいます↓

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます


トップページ プラセンタで黒ずみ取る プラセンタランキング♪ 洗顔で黒ずみ取る体験 お問い合わせ